レポートNo.140:金型・部品加工における工程管理セミナー:CAD/CAMメーカーによる「AIQ(アイク)」のご紹介

レポートNo.140:金型・部品加工における工程管理セミナー:CAD/CAMメーカーによる「AIQ(アイク)」のご紹介

2022年9月28日(水)北上オフィスプラザのセミナールームを会場に工程管理に関するセミナーを開催しました。講師には、株式会社C&Gシステムズ様をお招きし、CAD/CAMメーカーによる工程管理システム「AIQ(アイク)」の紹介をしていただきました。

Excelやホワイトボードでの管理に限界を感じていませんか?その手軽さ・柔軟性の高さなど、万能ツールだからこそExcelで運用し続けている企業は多いでしょう。 しかし、大量のExcelファイルから生じる「リスク」が潜んでいます。本来効率化のためのExcelがボトルネックにもなりかねません。

生産・工程管理システム「AIQ(アイク)」は、製造業に特化した生産管理ソリューションです。お客様の受発注情報や工程情報、在庫情報をDBで一元管理し、計画・進捗・実績負荷・原価・在庫・購買
をリアルタイムに連携させ、「見える化」することで、ムリ・ムダ・ムラを無くし生産効率を向上させます。今回のセミナーでは、AIQの特徴から工程管理におけるポイント、成功事例の紹介などがあり、参加した企業様も興味津々でした。

セミナー中にも多く質問があり、終了後も色々と細かいことを聞いている企業様もおりました。

「AIQ」は、金型・部品製造分野に特化し、簡単かつスピーディに運用移行し、会社のムダ・改善点を見つけることで効率化を図ります。加工者を登録して、Aさんの担当の仕事・機械を登録することで、仕事が入ったときに、納期に間に合うのかをシステム側が加工工程をスケジュール日程に自動で当てはめてくれ、OK・NGの判断がされます。NGの場合には、残業を2時間設定し、納期に間に合うか等を判断してくれます。計画と実績値の比較もできます。実績値は、IoTなどで自動取得もできますし、PCやタブレット等で入力ができます。

詳細は、株式会社C&Gシステムズのホームページをご覧ください。
https://www.cgsys.co.jp/jp/aiq/index.html

私もセミナーを聴講し、CAD/CAMメーカーであるC&Gシステムズ様ならではの加工現場優先の機能や使いやすさがあると感じる部分が多くありました。デモライセンスを暫く借りることができたので、操作画面を見てみたいという方がおりましたら、ご相談くださいませ。

セミナーレポートカテゴリの最新記事