レポートNo.141:SOLIDWORKS応用講習in釜石~板金、マルチボディ、サーフェス~

レポートNo.141:SOLIDWORKS応用講習in釜石~板金、マルチボディ、サーフェス~

2022年10月13日(木)、14日(金)の2日間 、(財)釜石・大槌地域産業育成センター(岩手県釜石市)主催のSOLIDWORKS応用講習の講師をしてきました。

1日目が「ソリッド・サーフェスコース」で、マルチボディ、コンフィギュレーション・設計テーブル、サーフェス、そのほか便利な機能の紹介を行いました。

2日目は「板金コース」として、SOLIDWORKSに標準搭載されている板金機能をつかった板金モデルの作成から展開図作成までを行いました。

マルチボディは、1つの部品ファイルの中に複数のボディを存在させることができ、モデリングのアプローチ方法を拡張させ、複雑な形状の作成や効率化につながります。

コンフィギュレーション・設計テーブルは、1つの部品ファイルの中にサイズ違い、仕様違いなどの様々なバリエーションを作成・管理することができます。

サーフェス機能を活用することで、部分的に面の修正を行ったり、製品のデザインにアクセントをつけ、面に表情をつけることができます。

板金機能は、ソリッドやサーフェスでは作成が困難だったり、手間がかかるような板金特有の形状を作成することができます。また伸び長を考慮した展開図を作成することができます。展開の可否が分かるため、加工不可能な設計を防ぎ、コストを意識した設計にもつながります。

SOLIDWORKSには、他にも様々な便利な機能が搭載されています。それらの機能を活用することで設計業務の効率化を図ることができたり、より魅力あるデザインや製品を作成することができますので、今後も基礎、応用と講習を県内全域で開催していき、活用してもらえるように普及活動を継続していきます!

9月末に発売された、私が監修させていただきました「SOLIDWORKS」の書籍を「釜石・大槌地域産業育成センター」と「岩手大学」に1冊ずつ献本させていただきました!SOLIDWORKSを学び始めた方にステップアップしていただける中級レベルのものになっています。ご興味がございましたら、読んでみていただけますと幸いです。Amazon本 : https://amzn.to/3EHQ2hH

セミナーレポートカテゴリの最新記事