レポートNo.133:SOLIDWORKS基礎講習in釜石

レポートNo.133:SOLIDWORKS基礎講習in釜石

2022年7月28日(木)、29日(金)の2日間 、(財)釜石・大槌地域産業育成センター(岩手県釜石市)主催のSOLIDWORKS基礎講習の講師をしてきました。

SOLIDWORKS (ソリッドワークス)は、コンシューマー製品や医療機器、産業機械、建築など、多方面で使用されている機械設計用の3DCAD ソフトです 。3DCADは、直感的な形状の把握が可能となり、顧客への視覚的提案が容易となります。また、体積・表面積・質量・重心等の計算や干渉チェック等、 2DCAD ではできない作業が可能となるため、生産性・技術力の向上に繋がります。

基礎講習では、3DCAD に初めて触れる方、これから導入を検討している方、3DCAD に関わる事業の新人研修をターゲットとして行いました。スケッチからの押し出しや回転でのソリッドモデリング、アセンブリ、図面作成までの基本的な操作を学習してもらいました。

岩手大学様で保有している3Dプリンタも実際に動かして、SOLIDWORKSで3Dモデルを作成してからのSTLファイルへの変換方法、スライサーの設定まで説明を行いました。

SOLIDWORKSでSTLファイルに出力する際には、オプション設定で「粗表示」設定にしていると、カクカクしたデータになってしまい、丸い穴が多角形になってしまうので、注意が必要です。推奨は「スムーズ表示」ですね。

9月には応用講習を予定しています。自分のスキルを常に磨き、より良い講習会ができるように努めていきたいと思います。がんばりますので、引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

セミナーレポートカテゴリの最新記事