3次元設計能力検定試験-申込開始(2019年-第29回)

3次元設計能力検定試験-申込開始(2019年-第29回)

 2019年10月1日(火)から 「3次元設計能力検定試験の申し込みがスタートしました。
 試験申込期限は11月1日まで、試験日は11月23日(土)になります。
 岩手県では、「いわてデジタルエンジニア育成センター」で受験可能です。

試験概要
https://www.3da.or.jp/index.html

試験申込サイト
https://www.3da.or.jp/examination3.html

3次元設計能力検定試験とは、特定非営利活動法人3次元設計能力検定協会が主催する試験になります。3次元設計技術者として必要な3DCADのオペレーション能力、機械設計の基礎的能力を客観的で公平に評価する検定試験です。 各コースの全科目の得点が満点の60%以上の場合『合格証』が発行されます。

試験には、3つのコースがあります。

①3次元CADコース
— 3次元CADのオペレータ向け
受験科目:3次元CAD

②図面作成コース
— 3次元CADを使った製図技術者向け
受験科目:3次元CAD、JIS製図、公差設計の3科目

③プロ設計者コース
— 3次元設計技術者向け
受験科目:3次元CAD、機械設計7つ道具(JIS製図、公差設計、機械材料、強度設計、要素設計、信頼性設計、加工法)の8科目
※プロ設計者コースの場合はレーダーチャートが示されます。強み弱みを知ることができます。

試験科目 
3次元CAD
・部品、アセンブリ、図面 など
JIS製図法
・製図関連用語、線の種類、投影法、投影図、断面図、寸法記入法 など
公差設計
・品質とバラツキ、寸法公差、幾何公差、公差の計算方法 など
機械材料
・金属、プラスチック、セラミック など
強度設計
・荷重の種類、力の単位、応力とひずみ、不静定問題、曲げ、ねじり問題 など
信頼性設計
・機械の寿命、故障のパターン、信頼性の確保、信頼性の入手 など
要素設計
・ねじの用途と種類、歯車の用途と種類、歯車の強度、軸受の用途と種類 など
加工法
・機械加工法、板金加工法、レーザー加工、曲げ加工、加工図面 など


試験時間割

9:00~10:30(90分間): 3次元CAD
10:40~11:25(45分間): JIS製図法
11:30~12:15(45分間): 公差設計
13:00~13:45(45分間): 機械材料
13:50~14:35(45分間): 強度設計
14:40~15:25(45分間): 信頼性設計
15:30~16:15(45分間): 要素設計
16:20~17:05(45分間): 加工法

学習方法

【参考図書】
3次元CADから学ぶ 機械設計入門[第2版]- 初心者のための設計七つ道具
Amazon本 : https://amzn.to/2DBwHhL

何か聞きたいことがありましたら、お問合せページから御連絡ください。
https://iwate3d.jp/contact/

情報提供カテゴリの最新記事