レポートNo.090:釜石市での講演会と3DCAD講習会

レポートNo.090:釜石市での講演会と3DCAD講習会

2020年1月28日(火)~30日(木)の3日間、釜石市で講演会と3DCAD(Fusion360)の基礎講習会の講師で行ってきました。

1月28日(火)の会場は釜石市にあるチームスマイル釜石PIT。とてもオシャレな建物でした。

講演内容は「岩手県におけるCADの利活用と今後の可能性」についてということで、CADの概要や歴史、岩手県におけるCADの活用事例の紹介や人材育成の取り組みについて話しをさせて頂きました。

主催は建設技術研究所・URリンケージ共同提案体 釜⽯復興CM事務所さん。釜石を盛り上げようと頑張られています。今後も協力していきたいです。

29日(水)、30日(木)の2日間は、釜石・大槌地域産業育成センター内にある岩手大学釜石ものづくりサテライトで3DCAD(Fusion360)基礎講習会の講師。

11月に体験セミナーを実施、その後のアンケートで、もっと詳しい内容のセミナーの要望があったため、今回の開催となりました。

ソリッドモデリングを中心に、スケッチ、押し出し、回転を組み合わせたモデリング手法について学んで頂きました。

今回も講習会後にアンケートを実施しまして、更なるスキルアップの講習会の要望がありまして、今後も継続して行っていきたいと思っています。

空き時間に釜石イオンに行ったら、釜石商工高等学校の工業クラブの学生が制作したジオラマが展示してありました。ゆるキャラたちは3DCAD(SOLIDWORKS)でモデリングし3Dプリントしたものに色を塗られたものです。

さらに本屋(さわや書店)によってみたら、私の書籍「Fusion360 マスターズガイド」の改訂2版が置いてありました。自分の本が置いてあると嬉しいですね♪

今後も釜石市に3D技術を普及させる活動を続け、私なりの復興のお手伝いができたらと思っています!

セミナーレポートカテゴリの最新記事