レポートNo.038:3DCAD応用研修~Fusion360

レポートNo.038:3DCAD応用研修~Fusion360

11月30日、12月1日の2日間、3DCAD応用研修として、
Fusion360のサーフェスとスカルプトの2コースを実施しました。
2017

1日目は、サーフェスについて行い、サーフェスの概要から活用方法、
インポートデータの修復の仕方などについて行いました。
サーフェスは線と線を結んで出来る面から成る表層だけのモデルで、有機的であり、寸法定義を求められる工業デザインや機械設計分野で利用されます。イメージとしては、布、風船ですね。
3 2
4 1

2日目は、スカルプトについて行い、スカルプトを使っての事例の紹介やキレイな面を作成するコツや3Dスキャナで取得したメッシュデータに対して面をフィットさせる方法など様々行いました。
スカルプトは粘土をこねるような感覚のフリーフォームモデルで寸法定義を求められるデザインより、感覚的に形状を作成する必要がある工業デザイン分野で使用されます。
96
図1図2

今回の研修では、自由曲面や複雑な曲面を持つ部品のデザイン・設計に欠かせないサーフェスモデリングとスカルプトモデリングについて詳しく行いました。
P1150286
また2回目を開催していく予定でしたので、どうぞ御参加頂ければと思います。

セミナーレポートカテゴリの最新記事